当サロンで行っている

パーソナルデザイン診断について

顔タイプ診断や骨格診断とどう違うのか、

 診断を受けることでどんな悩みが解決するのか、

 知ることでどんなメリットがあるのかを

お届けしたいと思います。

 

 

目次
・パーソナルデザイン(PD)診断とは?
 

・8タイプの種類について
 

・メインとサブのタイプについて
 

・8タイプの特徴や似合うファッションは?
 

・パーソナルデザインの診断方法
 

・顔タイプ診断や骨格診断との違いは

・パーソナルカラーとセットの理由




パーソナルデザイン(PD)診断とは?

パーソナルデザイン診断とは

その人が持つ全体のイメージに合う

タイプを導き出し、
持ち味や魅力を最大限に活かしていく

ファッションの方向性がわかる診断です。

 




パーソナルデザインがわかると

あなたの雰囲気(イメージ)に合った

ファッションや髪型、メイク など

おしゃれに必要な情報とともに、

 

今まで迷っていたおしゃれの方向性が

わかるようになります。

 

パーソナルデザインは顔タイプや

骨格診断のように顔なら顔だけ、

体なら体だけを別々に診断はしません。


あなたが持つ全体の雰囲気からタイプを分析し
あなたの似合うを見つけ出していきます。

 

 

 

パーソナルデザイン・8タイプの種類

 

パーソナルデザインは全部で8タイプあります。
 

①ファッショナブルタイプ

②ナチュラルタイプ

グレースタイプ


④フェミニンタイプ

⑤ロマンスタイプ

⑥キュートタイプ・ガーリッシュ

⑦キュートタイプ・ボーイッシュ


⑧キュートタイプ・アバンギャルド

※キュートタイプは3タイプに分かれます。

 

分類されるタイプにより魅力を活かす
ファッションや
メイクのティストが変わります。

 

ではまず各タイプの持たれやすい印象を見てみましょう。

自分が印象を持たれやすいタイプはありましたか?
 

 

こっちのタイプに当てはまりそうだし、
もう一つのタイプにもあてはまりそうな気がする。

そう思った場合もしかしたら
メインタイプの他にサブのタイプが必要かもしれません。


 

メインとサブのタイプについて
 

パーソナルデザイン分析では、

メインとサブという考えがあります。
メインタイプだけで十分な方もいますが、
基本はメインタイプにサブタイプがつきます。

 

メインのタイプの要素にサブのタイプの
要素を取り入れることで

よりおしゃれの方向性を

詳しく知ることが可能です。

 

例えばメインタイプが

ナチュラルタイプの人でも

サブタイプによって

 

・サブ・グレースタイプ:キレイめなカジュアルが得意

・サブ・ロマンスタイプ:色っぽさのあるカジュアルが得意
・サブ・ファッショナブル:ゴージャスさのあるカジュアルが得意


というようにその人の個性を

より活かすファッションを知ることができます。

 

また人によって
①メインタイプだけの装いもサブタイプだけの装いもできる
②両方の要素を取り入れたほうが良い
などよりその人に合わせた

パーソナルなファッションの方向性を知ることができます。

 

 

 

パーソナルデザイン診断を受けると何がわかる?
 

  • 雰囲気に合うファッションの方向性
     
  • 似合うトップスやボトムスのデザイン
     
  • 似合うアクセサリーのデザイン
     
  • 似合う柄や模様のデザイン
     
  • 似合う生地の素材や質感
     
  • 似合うバック、帽子、靴のデザインメイク、似合う髪型

 

またファッションだけに限らず

部屋のインテリア、家具、食器、文房具、

お部屋に飾る花に至るまで

自分に似合うアイテムを知ることができます。

 

パーソナルデザインの知識は

おしゃれの悩みから、日常生活に至るまで

様々はシーンで役に立てることが可能です。

 

 

 

 

パーソナルデザイン8タイプの特徴や似合う服

 

パーソナルデザインは

それぞれのタイプによって

得意なファッションや苦手なファッションがあります。

 

ここでは具体的にタイプごとの特徴から

似合うファッションについてお伝えします。

 

 

 


写真出典:pinterest

 

このように似合うアイテムや苦手な

アイテムを見るとそれぞれタイプによって

個性があるのがわかります。

 

 

 

パーソナルデザインの診断方法

 

では実際にパーソナルデザインを

決定するためにどのように

分析をしていくのかを見てみましょう。

 

 

①身長のチェック

実際の身長よりも大きく見えるのか

小さく見えるのかを見ます。

これもパーソナルデザイン分析には重要な情報です。
 

 

②自分で分析

順番に違うと思ったタイプを外していきます。
ご自身がお持ちの要素と遠いタイプから

外していくことでどんなファッションが

似合うのかをより明確にしていきます。

 

 

③体つき・骨格・肉付きのチェック
直線的な体つきなのか、

それとも曲線的なのかを見ます。

また骨格がしっかりしているのか

華奢なのか肉付きなどもからも

どんな体型的要素を持っているのかをチェックします。

 

 

③露出耐性のチェック
胸元を開けたり閉めたりして

露出耐性などを確認します。

 

 

④トップの着こなしの確認
腕をまくって頂いたりウエストに

トップスをインしていただいたり、

様々な着こなしを見ます。

 

 

⑤スカートの丈感や形の確認
どれくらいの丈感やシルエットが

体型をキレイに見せてくれるかを見ます。
パンツの場合でもその場で

どのシルエットがキレイに見えるかを

コンサルタントである私が脳内で

シミュレーションをします。

 

 

⑥似合うヘアスタイルの確認
実際に髪をまとめたりしばったりしていただき

様々な髪型の中でどれが

魅力を引き立たせてくれるのかを確認します。

 

 

⑦似合う柄の大きさのチェック
どれくらいの柄の大きさまで

大丈夫かをチェックします。

この一連の分析を行うことで、

単純にタイプに当てはめるだけでなく、

分類されたタイプの中でも

どこのポイントを気をつけたら良いのか、

着こなしや似合う柄の大きさなども

見てより個人に合わせた

診断結果をお伝えすることができます。

 

 

 

顔タイプ診断や骨格診断との違いは?

 

 

パーソナルデザイン診断は全身(顔+体)を見て分析します。

顔(輪郭・目鼻立ち・各パーツの大きさ・配置)と
体全体(骨格・肉付き・体型のシルエット)

そしてその人の立ち振る舞いや仕草も含め

その人が持つ全体の雰囲気(イメージ)に 

似合うタイプを見つけ出していきます。

 
 
 

単純に数値で似合うを計るのではなく、

仕草なども見るからその人の個性や

雰囲気にあった洋服がわかります。

 

反対に骨格診断は体の骨格や

肉付きなどを見て診断し、

顔タイプ診断は顔のパーツや

配置を計測して診断します。

ではなぜパーソナルデザインは

顔と体の両方から見る必要があるのでしょうか?

 

なぜなら骨格だけに似合う服や

顔だけに合う服を選んだ場合、

全体の印象からするとちぐはぐな

イメージになってしまう場合があるからです。

 

 

例えば、顔タイプでは「上品でコンサバな装い」、

骨格診断では「カジュアルダボっとした装い」が

似合うと言われたとします。


ですが、これでは反対に

どんな服を選んで良いのか

分からなくなってしまいますよね。

 

パーソナルデザイン診断は

部分では見ずに実際に動いたりしている時の

全体の雰囲気を見るので、

顔と体の両方の特徴をふまえたうえで

お洒落でどの要素を取り入れればいいかが分かります。

 

 

 

パーソナルカラーとセットの理由

 

当サロンではパーソナルデザインを

分析するときにパーソナルカラーと

セットで受けていただきます。

 

なぜかというとパーソナルデザイン分析は

似合う色を身につけた

一番良い状態であなたがどう見えるのかを見ます。

 

その人の魅力が最大限に出た状態で

パーソナルデザインを分析しないと

魅力を引き立てるポイントや

ファッションの方向性が違ってしまい、

もともと持たれている魅力も半減してしまうからです。

 

このような理由から

パーソナルデザイン分析は 

パーソナルカラーとセットになっています。

 

 

いかがだったでしょうか?

あなたに当てはまるタイプはありましたか?

 

 

パーソナルデザイン

について知りたい方は

こちらから無料簡易診断を

受けることができます。

あなたの似合うを見つけていきましょうピンク薔薇

↓↓↓↓↓↓↓